美容

本当のクレンジング方法は?メイクに合ったクレンジングが大事な理由

あなたのクレンジング方法間違っていませんか?!

毎日するメイクだからこそ、自分に合ったクレンジング方法は知っておきたいものです。

いや、知っておくべきです!

ピコ
ピコ
わたしは自分に合ったクレンジング方法があったなんて知らなかった・・・

ということで、メイクにあったクレンジング方法を書いていきますので参考になれば嬉しいです。

あなたのメイクの濃さはどれ?

 

まず、普段からメイクをしている方はどんなメイクをされていますか?

ちょっとコンビニまでだから薄メイクにしよう!

今日はディナーだから少し濃いめにメイクしよう!などその日によってメイクの濃さが変わってくるとと思います。

流行りなどで濃いめや、薄めメイクが流行ったりなどで変えることもあると思います。

私の場合、最近まつ毛エクステをしたので、あまり濃いめにならないように薄めにメイクしたりしています^^

その日のメイクに合ったクレンジング方法がありますので、毎回同じクレンジングを使っていてはお肌に与える影響が違ってきますので、注意しましょう!

どんなクレンジング方法があるの?

クレンジングと言っても、色々なメイクの落とし方があります。

ミルクタイプ→ クリームタイプ→ ジェルタイプ→ オイルタイプ→ シートタイプ

左から順にメイクオフ力が強くなっています。

つまり、お肌への刺激も左から順にだんだん強くなります。

濃いめのメイクをした日はメイク力も高くないと落ちにくく、薄めのメイクは弱めでも落ちます。

例えば、油分の多いオイルタイプは、「濃いマスカラもするりと落ちる」「洗うのがスピーディ」などの理由で人気ですが、その分お肌への負担は大きいのです。

だからと言って、ミルクタイプだと水分が多いためメイクを落とすのに時間がかかり、お肌をこすってしまいがちなので注意が必要になります。

ピコ
ピコ
じゃあ、どれを使ったら良いの??

デイリーに使うなら、油分も水分も多すぎずバランスの良いクリームタイプがおすすめです。

その中でも適度に固めのテクスチャーのものがおすすめ!

しかし、濃いめのメイクの日もありますよね?

そんな時はオイルタイプで落とし、濃いめの日限定で使いましょう。

つまり、その日のメイクによって使い分けることが大切だということです。

そうすることでお肌への負担は少なくなりますよ^^

クレンジングをする時にやりがちなこと

✅ゴシゴシ洗う

✅クレンジング料をケチる

✅クレンジング料を長時間肌にのせパックをする

✅クレンジング後はゴシゴシタオルで拭いてしまう

✅熱湯や冷水ですすぐ

どうですか?

クレンジング料をパックとして長時間お肌にのせないにしても、ゆっくり時間をかけてクレンジングをしていませんか?

ピコ
ピコ
確かに時間をかけないとメイクがきちんと落ちない気がして長時間クレンジングしてたなぁ〜

では、なぜ長時間クレンジングをお肌にのせておくとダメなのでしょうか?!

それは、肌のうるおいまで取り除いてしまい刺激となってしまうからです。

そもそもクレンジング料はお肌への負担になるため、なるべく短時間で終わらせ流すようにしましょう。

すすぎまで含めて1分程度で終わらせるようにしましょう!

また、クレンジング料をケチって少量にしてしまうと、メイクに馴染まず摩擦が起きてしまいます。

クレンジング剤は商品記載されている適量を使うようにしましょう!

肌の上でスルスルと滑るくらいたっぷりと使いましょう!

 

まとめると、クレンジング時はケチらずたっぷりの量でささっと1分程度でぬるま湯で洗い流すようにすることが大事です!

 

正しいクレンジングの仕方

①適量のクレンジング料を手に取る

基本的には、商品に適量が記載されていますのでその量を手に取ってください。

②Tゾーンからのせていきます

最初に顔の皮膚の中でも比較的強いおでこから鼻にかけてクレンジング料をなじませていきましょう。

指の腹を使ってクルクルとメイクを落としていきます。

鼻の横などの凹みに溜まった汚れもしっかり落としていきましょう。

③Uゾーンへのせる

次にクレンジング料を顎などのUゾーンへと伸ばしていきます。

耳の横までしっかりと忘れずメイクオフしていきましょう。

③最後に目元、口元にクレンジング料をなじませます

一番皮膚が弱く、薄い目元、口元にもなじませていきます。

アイシャドウや、アイライナーなどもしっかり落としていきましょう。

ゴシゴシこすらずクルクルとなじませて落としましょう。

④ぬるま湯で素早く洗い流しましょう

冷水だと、油が固まってしまい汚れを残してしまいます。

また、熱いお湯だと、必要以上に油分を落としてしまい乾燥の原因にもなります。

マスカラや口紅が落ちにくい場合の対処法

マスカラや、口紅などがなかなか落ちない時ってありますよね。

一番手っ取り早いのは、使っているメーカーのクレンジング料を使うと落ちます。

というのも、メーカーは自社ブランドのマスカラや口紅が落ちるかどうかで開発されいますので、同じメーカーのものを使うと無難です。

ファンデーションも同じで、同じメーカーの物を使うと落ちやすいですよ^^

まとめ

人それぞれメイクの仕方は違うので、他人のオススメを聞いたとしても自分のメイクに合ったクレンジング料でなければ、お肌に負担をかけてしまいますので、自分に合ったクレンジング料を見つけることが大切です。

また、その日のメイクに合ったクレンジング料を使うようにしましょう!

参考になれば嬉しいです^^